« ヤツがくる | トップページ | セカンドライフを体験しよう »

2007年6月19日 (火)

電脳コイル

 『電脳コイル』の凄いところってのは、いきなり観た人でもわかりやすいところ。
 なにせ、時間が時間なんで、メインターゲット層は子供なわけで、子供でもわかりやすくしないといけない。
 そこで、言葉や裏設定で説明するのではなく、絵や動きで“なんとなく説明”してるのが上手い。
 引っ越してきた“素人”ヤサコが、突っ込んだネタには「それ何?」と聞く役(視聴者の代弁者)になってるのも上手い。

 あと、都市伝説(ミチコさん)を絡めたり、神社に入ると追ってこないお化け(「ボク、サッチー♪」)がいたり、子供が直感で理解しやすい“お化けの世界”にしているのもいい。
 空間が不安定なときに発生する“電脳霧”とかも雰囲気を出している。
 イサコが使う結界が「神社マーク」も呪術的でシビれる。
 一話なんか、たぶん、日本全国が「『となりのトトロ』だよなぁ……」と思ったに違いない。
 これはパクリがどうのとかそういうのではなく、“日本人が説明をされないでも理解できる世界観”ということなのである。あのノスタルジー溢れる風景も同じく。

 それでいて、やってることは濃い。
 大黒黒客倶楽部 vs イサコの電脳戦がもう凄い。脳を攻撃されないライト版『攻殻機動隊』の世界だ。
 サッチーが神社に入れないのは、管理している役所の管轄が違うから、とかアツくてタマらん。
 「『攻殻機動隊』の王子様(甘口・『もっけ』風味)」という感じにマイルドになっているのにも係わらず、使っているスパイスは本格的だったりして驚かされる。


 ところで、フミエを見ていると、一瞬「あれ? あさりよしとおキャラデザだっけ?」と思う瞬間があるが、私だけだろうか?
 細身で、つるぺただし、着てるシャツのデザイン、顔もなんとなく。

Book 電脳コイルガイドブック

販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

電脳コイル サントラ音楽集 Music 電脳コイル サントラ音楽集

アーティスト:TVサントラ,池田綾子,斉藤恒芳
販売元:徳間ジャパンコミュニケーションズ
発売日:2007/05/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

電脳コイル (1) 限定版 DVD 電脳コイル (1) 限定版

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2007/09/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

電脳コイル (1) 通常版 DVD 電脳コイル (1) 通常版

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2007/09/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

電脳コイル (2) 限定版 DVD 電脳コイル (2) 限定版

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2007/10/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

電脳コイル (2) 通常版 DVD 電脳コイル (2) 通常版

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2007/10/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

電脳コイル 1 (1) Book 電脳コイル 1 (1)

著者:宮村 優子,磯 光雄
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ヤツがくる | トップページ | セカンドライフを体験しよう »

コメント

電脳コイル、見たいんだよねぇ。でも無理。

ところで雨さんはSecondLifeやってないの?

投稿: YBJ | 2007年6月19日 (火) 11時50分

 電脳コイルはお勧めですねぇ。レンタル待ちですかなぁ。

 SecondLife はやってませんなぁ。
 YBJ さんはやってるのですか?
 あれって、月額無料でしたっけ?

投稿: 雨月秋成 | 2007年6月19日 (火) 23時22分

始めて一週間になるのよ、やっと。

ホームレスなら全部無料。自分の家を持つのには金がかかるが、それは「いつかマイホームが欲しいなあ」とか思っているだけでオッケー。

しかも、座ってるだけでおこずかいがもらえる椅子とかがあって、座らせておけば10分に1L$とかもらえて、SL内で買い物が出来ちゃう。

さらに!自分でオブジェクトを作ってSL内で売ったりも出来る。「ごく普通の灰皿」発売中。

投稿: YBJ | 2007年6月19日 (火) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86747/6838186

この記事へのトラックバック一覧です: 電脳コイル:

« ヤツがくる | トップページ | セカンドライフを体験しよう »