« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月28日 (金)

[MEIKO] もう、21 世紀になっちゃったけど

 未だに信じられない。
 釣りなんじゃないのか?とも思っている。
 ほら、ずっと前に鏡音リンだって、とかちの声そのままの釣り動画があったじゃないか。

 この甘ったるい歌声にメロメロである。これも MEIKO の本気か。
 もちろん、神がかったドット絵のアニメーションにもメロメロである。

 未だに信じられない。
 やっぱり、釣られてるんじゃないのか、私は?


Vocaloid MeikoVocaloid Meiko


販売元:クリプトン・フューチャー・メディア

発売日:2006/04/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[MEIKO] 逆襲は伝染する

 彼女のアツいシャウトが、あの人の心に火をつけてしまったようである。

 ゴミ山のあの赤いラジカセは……
 そう、“あの”人である。

 絵コンテだけで、心震えるのに十分であった。
 キャラ立ちも文句なく、素晴らしい。
 関連キャラ総出演のサービス精神、違和感ない出番のセンスに脱帽。
 その保証された品質に、安心して何年も待てる。


 ごめん。やっぱり、できるだけ早く観たいよ。


Vocaloid MeikoVocaloid Meiko


販売元:クリプトン・フューチャー・メディア

発売日:2006/04/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する


VOCALOID2 キャラクターボーカルシリーズ01 初音ミク HATSUNE MIKUVOCALOID2 キャラクターボーカルシリーズ01 初音ミク HATSUNE MIKU


販売元:クリプトン・フューチャー・メディア

発売日:2007/08/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[MEIKO] アツクテシヌゼ

 私は、こういうのを待っていたんだ、と、思う。

 私としては、目を瞑って聴くか、せめて 3:44 からは目を閉じてほしい。
 いや、映像も面白くてお薦めなのだが、最初のインパクトをそれに持っていかれて、そのイメージで定着するのは切ない。切なすぎる。
 とにかく、アツい。
 由緒正しい、男の子向け熱血ソングである。
 これは、明らかに私のカテゴリー。紹介せずにはいられない。

 さて、この制作者、あの「うろたんだー」の人らしい。
 なるほど、基本を熟知してるからこそ、あの上手さ、と、いうわけか。
 そして、この方、歌詞だけが上手いわけではなく、MEIKO の扱いにも長けていたのだ。

 待望のフルである。
  6 分半である。

 さて、この二作品、是非とも支援すべき曲である。
 「 PV 作ってみたいけど、ネタがないなぁ」とお嘆きの諸君、如何であろうか?


Vocaloid MeikoVocaloid Meiko


販売元:クリプトン・フューチャー・メディア

発売日:2006/04/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する


Vocaloid KaitoVocaloid Kaito


販売元:クリプトン・フューチャー・メディア

発売日:2006/04/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する


VOCALOID2 キャラクターボーカルシリーズ01 初音ミク HATSUNE MIKUVOCALOID2 キャラクターボーカルシリーズ01 初音ミク HATSUNE MIKU


販売元:クリプトン・フューチャー・メディア

発売日:2007/08/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[MEIKO] いま、MEIKO がアツい

 今頃、巷では、黄色い双子の話題で持ち切りだろうか。
 もちろん、ここでは、普通に出てくることのない話題だ。
 やはり、ここは、私の身体を電気が貫いたような衝撃を受けたときに、抑えきれなくなった溢れ出る情熱を迸らせる場所でなくてはならない。

 ある女性に惚れてしまった。
 名前は MEIKO。ヴォーカロイドで、あの有名な初音ミクの姉である。
 『アンインストール』などで、知ってはいた。
 凄いな、とは思っていたが、たいして、気になる存在ではなかった。
 ただ、これを観て、雷に打たれたような衝撃が。

 ミクには出せない迫力だ。
 それに応えるように、コメント職人の歌詞字幕もアツい。

 私にとっては、「んあー」の娘だったのだ。
 親戚の少女が、しばらく観ないうちに、大人の女性になっていた気分であった。
 いや、私が気付かなかっただけだったのだ。
 なんて魅力的なだったんだろう。いや、“女性ひと”だったのだろう。

 しかし、自己弁護させてもらえば、ニコニコでも、彼女の真の魅力に気付いてた人は少なかったはずだ。
 「所詮は旧式」……誰もが、言葉を変えていても、そう思っていたはずなのだ。
 しかし、彼女の逆襲は静かに始まっていたのだ。

 それから、私は狂ったように、彼女の足跡を辿った。
 ニコニコでは、すでに、彼女の魅力に気付いた人達が集っていたのだ。

 ピアプロでも、MEIKO の投稿はアツい。
 もちろん、【描いてみた】もあった。基本デザインがシンプルなので、アレンジのしがいがあるようだ。
 これからも、ニコニコに MEIKO の新曲がどんどん増えていくだろう。
 世界に一人だと思っていた《伝説の MEIKO マスター》の称号を得る人は、これからも増えていくのだろう。

 これだから、ニコニコはやめられない。


 ネエサンノホンキハマダマダコレカラ


Vocaloid MeikoVocaloid Meiko


販売元:クリプトン・フューチャー・メディア

発売日:2006/04/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

びっくりしたなぁ、もう

 先日、ガスが止まった、もう駄目だ、と、いう日記を書いたが。
 勘違いだった。

 他はどうか知らないが、私の地域は「 30 分以上湯沸かし器を使っているとガスを止められる」のである。
 あのとき、シャワーを浴びながら、ちょっと色々と考え事をしていて、それがどうやら 30 分以上だったということらしい。
 いきなり、水になって「ひゃああああああ」という悲鳴をあげたのである。
 人間、思い当たることがあると弱気になるらしく、「あぁ、ガスを止められたのだな」と勝手に思い込み、家の中でジャンパーを着て縮こまり、さめざめと泣いていた、と、いうわけである。

 ちなみに、ガスストーブも 10 時間くらいだったか。付けっぱなしにしていると、「すわ、ガス漏れ!」と判断されて止められてしまうのである。

 実に有り難い心配りであり、中には、これで助かった人もいるのだろうか、もしかしたら、将来、これのおかげで九死に一生を得るかもしれないのか、と、考えると、ムゲにもできないのだが、ちょっとだけお節介な機能だなぁ、とも、思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

とか言ってたら

 ガスが止まりました。
 命にかかわる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 やらねばならないことが溜まってしまったので、それらができるまで、以下をみずから封印することにした。

『ニコニコ動画』
『チャット』
『pixiv』

 このくらいしないと、駄目だ。
 ちなみに、メッセは起動しておくので、何かあったら、そちらにどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

インターネットを止められてました

 なんか、「エンジンブレーキを買いに来ました」みたいなタイトルだが、気にしない。

 慌てて、臨時用の携帯で mixi の日記で報告。
 ココログの ID とパスワードを忘れて、ここの blog には書けず。
 現在、とりあえず、復帰中。
 ただ、また、いつ止まるかヒヤヒヤ状態。
 常に、そこにある危機。

 ちなみに、現在の「便利さ」がどれだけ常時接続に依存しているかを痛感。
 まず、地味に gmail に移行していたので、メールを出せないどころか、携帯から緊急メールを出そうと思っても、メアドすら gmail の懐の中なのでにっちもさっちも。
 普段から、ちょっとでも気になることがあったら、ぐぐっていたが、それができないと気付いたときの、あの、なんともいえないもぞもぞ感。
 とりあえず、ニコニコ動画に行こうとする思考。

 もう、駄目だな、私は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »