« 週刊『雨月秋成』 | トップページ | 取り急ぎ、補足 »

2009年6月19日 (金)

勘違いほど、もったいないものはない

 嘘偽りなく、私は、誰とでも仲良くなりたい。
 できれば、「ともだち」ってものになりたい。
 いや、電話もメールも一切よこしてこない奴が「ともだち」を名乗っていいのか?ってのは、おいといて。

 その上で、一番せつないのが、気持ちのすれ違いだ。
 相手を十分理解した上で、好きになったり、嫌いになるのはいい。
 私は、「なんとなく嫌いだから、ほっとく」というのが理解できない。
 嫌いになった人物がいたら、その人に「お前、○○という理由で嫌いになった」という話し合いをしてから、フレンド切ったり、縁を切る。
 逆もまたしかり。
 私のことを十分理解した上で、「あなたのこと嫌いになりました」ってメールくれて、フレンド切ってくれても構わない。
 おっと、できるだけ、理由は添えてください。

 でも、そのやりとりで誤解だった、と、わかることもある。
 だから、私は、できるだけ会話ができる状態でする。
 一方的にメール送って、着信拒否とかしない。
 よほどの理由がなければ。

 特に、文字だけでやりとりするときは気を遣う。
 文字だけでは伝わらないニュアンスがあるし、そのとらえ方だって千差万別だからだ。

 例えば、「w」という文字がある。
 最近は、スマイルの意味で使ったり、文章を柔らかくするつもりで使われることが多い。
 しかし、これは本来、「相手を小馬鹿にする表現」だった。
 元々は「(笑)」から「(藁」とか「(わら」とかになって、最終的に一番入力が簡単な「w」になった、と、記憶している。
 この場合、意味的には「(´,_ゝ`)プッ」が近いかもしれない。
 いまでは「大笑い」を意味することが多い「wwwww」も、当初は「本当にお前って馬鹿だよな!」という嘲笑マックスハートの意味で使われていた。
 この意味を知っている古い人と、知らない最近の人だと、大変なことになる。
  MMORPG の取引なんかで、「ありがとうございましたw」とか書かれて、「お前は何が可笑しいんだ?」と眉をしかめる時代もあったのだ。
 親愛の意味で使った「w」一文字で、たいしたことのない文章が、刃傷沙汰に発展するかもしれない。

 たった、一文字「w」だけでもこれだけの勘違いが起きる可能性がある。

 それじゃ、目の前にいれば誤解はないのかっていうとそうでもないあたりが、なかなか上手くいかない。
 私も、誤解されやすい部分があったりして、よく損をする。
 たとえば、みんなでゲームをしている。
 私は、それに参加しないで、わいわいやってるのを眺めるのがとても好きだったりする。
  Ultima Online という MMORPG をやってるとき、一番楽しかったのは、スキル上げをしてるときでも、ダンジョンを冒険しているときでもなく、銀行前で椅子に座って他の人の会話を眺めていることだったくらいだ。
 長い付き合いの友人はそれを理解してくれているが、中には「何? なんかいじけてんの?」と誤解する人がいる。
 とてもびっくりする。
 私も、参加したデメリットのことを考えて判断してるからだ。
 考えるのが遅くて自分のターンが長くなってしまったりして、自分の行動のせいで、その遊びがつまらなくなるかもしれない。そう思って、判断したつもりだ。
 世界一を決めるストⅡ大会で、波動拳を出せない人が出て、どう盛り上がるのか。
 しかも、チーム戦だったりして、それが原因で負けたら私は潰れてしまう。
 もう、あの言葉が出ると、困る。
 その言葉をいった人以外が、気を遣ってくれるのだ。
 そうなると、あれだ、今度は「私のせいで」空気が悪くなってるわけだ。
 これは、辛い。
 一番、みんなが楽しくなるように、と、思ってした行動が裏目に出てしまった。
 自分だって、一番楽しいポジションを選んだはずなのだ。
 第一、参加した方が楽しい、と、思ったなら、自分の意思で参加してる。
 でも、これはその空気を読めなかった自分が悪いんだな、と、思う。
 とても恥ずかしい。
 すごくへこむ。
 なんて自分は空気が読めないんだろう、と、落ち込む。
 結果、その遊び場に行かなくなる。
 その方が、みんな、楽しくなるからだ。

 「一緒に遊んだ方が楽しいじゃん! 雨月が間違ってるよ!」
 そういう方もおられるはず。
 しかし、「私のことをうざいと思った人がいるところに私が入って、全員が楽しめるのか?」とも思う。
 で、最終的に、「私が行かない」という選択をしたのは、何もいじけてではない。
 その人も含めて、楽しくなって欲しいからなのだ。

 繰り返すが、嘘偽りなく、私は、誰とでも仲良くなりたい。
 それは本心。
 ただ、私のことを「ウザイ」と思ってる人にまでまとわりつくことはない。
 何故なら、それはその人を不快にする行為だからだ。
 決して、「いじけて」とか「構って」ではないことを勘違いしないでほしい。

 勘違いされて、縁を失うってのはもったいない。
 だから、こつこつ、と、ここで吐露していこうと思った。
 十分、私を理解して、好きになったり、嫌いになったりして欲しい。


 そもそも、空気さえ読めれば、あんな展開にならない。
 空気を読める人間になりたいな。

|

« 週刊『雨月秋成』 | トップページ | 取り急ぎ、補足 »

コメント

読めないところが新年らしくていい。

投稿: ura3 | 2009年6月19日 (金) 23時09分

 なにか、すごく慰めてるような流れなのに、そうでもないあたりが、私の立ち位置を如実に表していますね。

 しくしく

投稿: 新年快楽 | 2009年6月22日 (月) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86747/30172952

この記事へのトラックバック一覧です: 勘違いほど、もったいないものはない:

« 週刊『雨月秋成』 | トップページ | 取り急ぎ、補足 »