2009年3月 5日 (木)

[xyzzy][firefox] 日記を便利に書く

 現在、ココログの日記は xyzzy + blog-mode で書いてる。
 何故なら、もうテキストを書くのは xyzzy じゃないと駄目な身体になったからだ。
 そんな身体なんで、ページ上でごりごりと書いてると、xyzzy のコマンドキー入力とかして、リロードしちゃったり、むきぃー、と、なることが多かった。
 (今では色々としてあるので、最低限、むきぃー、とはならないが)
 だが、 xyzzy + blog-mode で書くと最強。
  xyzzy で blog-mode を起動し、文章を書く。できたら、CTRL+C を二回押すと、自動でココログにアップされる。
 あとは、念のため、Firefox でそのページを開いて確認。終了。
 最強過ぎる。世界最強と言っても過言ではない。
 (これで、日記のオフライン管理と自動ローカル保存があれば宇宙最強だった)

 問題は、blog-mode が対応していないところである。
 例えば、mixi を代表とする SNS。
 そういう場合は、涙を流しながらテキストフィールドに文字を打ち込む。
 基本、長文の人間なんで、テキストフィールドの狭さに嗚咽をあげ始めるんである。

 でも、やっぱり、Firefox は偉かった。
 アドオンでこういうところも拡張できる。
 テキストフィールドを広くする、とか、そんな小さいことで満足しない。
 いや、それも便利だけど。
 一気に飛び越えて、テキストフィールドの文章を愛用のテキストエディタでやっちゃう。
 そんな夢のようなアドオンがある。
 私は、ぐぐってそういう話を小耳に挟んだね。
 いや、この場合、小目に挟んだのか?
 なんか、痛そう。
 まぁ、いい。

 とにかく、『MozEx』ってのが、そうらしい。
 ところが、Firefox3 では動かない。
 動くのを探す。見つける。
 文字化けする。
 うにょうにょしてたら、『it's all text』という同じ動きをする別アドオンを発見。試しに導入。完璧。
 これで、テキストフィールドに、ぽこっ、と、浮かび上がるアイコンをクリックすると、xyzzy にテンポラリファイルが読み込まれ、書いて保存すると、テキストフィールドにそれが流し込まれる。
 快適すぎる。
 もう、狭いテキストフィールドの中で、むきぃーする必要はない。
 しかも、書いた文章はローカルに保存される。

C:\Documents and Settings\***\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles\

 の中(「***」はログインアカウント名)のどこかの「itsalltext」フォルダの中に保存されてる。
 時々、保存されてないときもあるが、それは私の使い方が時々変態なせいだ、たぶん。

 嗚呼、ありがとう、作者さん。
 ありがとう、xyzzy。
 ありがとう、blog-mode。
 ありがとう、it's all text。

 これで、日記更新頻度が上がる――かどうかは、また別のお話。
 ずんどこべろんちょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

何の嫌がらせだ

 昨日の日記について、起こった“嫌がらせ”を報告しておこう。
 まだ、昨日の日記を読んでない人はお先にそちらをどうぞ。

 何故か、

 ↑を貼ると、↓にすり替わるのである。

 真面目な顔で始めて、また、着衣緊縛である。
 どれだけ、着衣緊縛が好きなんだよ、って、感じだ。
 少なくとも、最初にアップされた日記を読んじゃった人はそう思ったはずだ。

 で、慌てて、修正しようとする。
 すると、また xyzzy の blog-mode が「えへへ、繋げられませんでしたー。えへへー」とかイイヤガルのである。

 xyzzy にペーストした段階で間違ってるのかと思い、確認する。ちゃんと、sm746146 だ、ちゃんと「【ニコニコ動画】組曲『ニコニコ動画』、台湾人で大合唱」になってる。
 それなのに、更新してみると「着衣緊縛」なのである。

 で、この「えへへー、繋げら(以下略)」現象は、pc の再起動をしない限り、機嫌を直さないのである。
 ずっと、「えへへー、繋げら(以下略)」なのである。

 「えへへー」の原因は、blog-mode か、ココログのサーバーか……
 それとも、そろそろ、再インストールの時期なのかなぁ……

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

xyzzyのblog-modeで書込みテスト

 おほ、書けてる書けてる。
 改行のチェック。
 流石にカテゴリ追加は xyzzy からではできないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)